YouTubeのオリジナルBGMを作曲家のYokoさんにつくっていただきました(制作した絵の紹介のため)。絵から曲が聴こえる!ありがとうございます。

YouTube、ずっと取り組もうと思っていたのですが、なかなかできませんでした。

しかし、ついに始めました。

まずは、BGMです。自分でできない部分から、先にしていくのです。

目次

自分だけのYouTubeのBGMがほしい!

実は、私は、かつてYouTubeに投稿していた時期もありました。その頃は、BGMはむしろ要りませんでした。はいびすかすさん(鹿児島~種子島~屋久島をつなぐ味のあるフェリーです。貨物船という説も)の入港シーンとか、大川の滝さんが虹をくれたところとか、ちっちゃなウミガメさんが海に向かって行くところとかだったからです。撮った時の音をそのままにしていました。映像も切り貼りしないで、アップロードしていました。

今回は、自分の絵を紹介したくて新しくチャンネルをつくる予定でした。2月、うまく眠れない人に向けた企画展に出展するので、まずはその作品たちの動画を投稿しようと思っていました。

絵には、音がありません。もちろん制作中の様子などは、作業音が入ったりもするでしょう。それはそれで面白そうです。しかし、さしあたり、撮れているのは静止画です。それらを、スライドショーのようにつなぎ合わせる予定でした。

出展作品は、可能な限り撮影し、期日までにギャラリーに納品してありました。「制作の部」が完了し、ほっとしました。しかし、その後「宣伝の部」になかなか取り掛かることが出来ず、もどかしい日々を過ごしていました。諸事情により絵以外に時間を使っていたのです。
もちろん、制作中にも宣伝する方法はあるでしょうし、これまでもできる限りそうしてきましたが、今回は制作中の様子をほとんど撮れませんでした。投稿もあまりできませんでした。

早く記事を書いて動画もつくりたい!
(色々、一段落し、今この記事を書くことが出来ていてとても嬉しいです。これも絵のことなので!)

妄想は、膨らみました。

スライドショーに、音を入れたくなりました。

音には、有料のと無料のがあります。無料のは、色んな人が使っていそうな気がしました。あ、これ、あの動画でも聞いたことがある・・・みたいな感じになりそうでした。自分だけの何かが欲しい私は、それは避けたいと思いました。偶然、大好きな何かと一緒というのは、ちょっぴり嬉しくもありますが、そんな場合ばかりではないでしょうし、やはり大好きな何かとでもとにかく他の何かと一緒なのは嫌でした。

それに、探すのが大変です。膨大な曲の中から、自分の作品に合ったものを見つけ出す・・・。音楽は、絵と違って全体像を把握するのに時間がかかります。気の遠くなる作業に思えました。

こうなったらもう、自分でつくるか、プロにお願いするかです。自分でつくるのは、一生かかりそうな気がしました。というわけで、プロにお願いすることにしたのでした。

しかし、誰に・・・?

オーダーメードの作曲、Yokoさんにお願いしよう。

私は、とあるオンラインコミュニティに所属しています。「心の健康を保つためには、複数のコミュニティに所属するのが大事」というのはよく見聞きしますが、私の場合、そのひとつがこのオンラインコミュニティです。安全安心の秘密の場所、という感じで今まであまり表には書かなかったのですが、今回ちょっとだけ書いてみます。

とてもあたたかい場所で、1年以上所属していますが、実は宗教だったとかマルチだったとかそういうのはありません。みんなそれぞれ、自由に投稿しています。私も精一杯、絵の活動などの投稿をしています。ほぼ宣伝ですが、色々あたたかい反応やご縁をいただけて、とても励みになっています。反応も、自由です。できる時にできる形でしています。イベントや商品の案内もありますが、参加や購入をしなかったからといって詰められたりハブられたりということもありません。ノルマとかもありません(無理やりチケット買わされて売りさばけとか、そういうのがあるオンラインサロンやコミュニティもあるって噂も耳にしたことがありますが)。絵に特化したコミュニティというわけではなく、メンバーには色んな人がいます。音楽活動をしている人も。そのひとりが、Yokoさんでした。

今回、Yokoさんにお願いするということは他の人にはお願いしないということで、それを心苦しく思う瞬間もありました。しかし、私のお願い力はそんなに高くなく、期日も迫っていますし、色んな人と器用に何かを進めるよりは1対1が良さそうでした(例えば今回6曲必要だったので6人とコラボとかもできる人ならできると思いますが・・・)。それに、素敵な作曲家さんはたくさんいますが、まずは今回の案件についてベストの選択をしようと思いました。別のかたには、いつか別の機会にお願いできそうならしようと思いました。

Yokoさんは、私がコミュニティに入った頃にもあたたかいコメントやいいねをくださって、いつかコラボしたいとおっしゃっていたのを私は憶えていました。あれは社交辞令ではなく本心なのだと私は勝手に思い込んでいました。もう1年以上経ちますが、その後も色々あたたかい交流が続いています。

昨年1年間、絵について試行錯誤する中で、コラボの試みもいくつかありました。音楽ではありませんが。それらの体験を基に私は思いました。どうせなら、私の作品を好きな人にお願いしたい。単に仕事だからって嫌々取り組まれるのは嫌だし、こんなダサい絵の曲なんてつくりたくないよと思われるのは論外(感性は人それぞれなのでダサいって思っていただくのは自由ですが、こちらも好きって思っていただけたら嬉しいと思うのもまた自由で・・・最近は私の絵が悪いんじゃなくて相性が悪いんだと思うことにしています。それから、好きと思ってコラボしていただけた方々には大変感謝しています。さらには、相性がイマイチだった方々についても、アートの神様がそっちじゃないよと教えてくださったのだと思い感謝しています。人生短いですから、貴重な時間はご縁のある方々との時間にしたいです)。Yokoさんは、1年以上の交流からその点も大丈夫な感じがしていました。

また、Yokoさんはコミュニティにご自身の活動も投稿していらっしゃり、私は作風なども大まかなところを把握し、素敵だなと思っていました(私の全然知らない引き出しもあるかもしれませんが、それもまたきっと素敵なんだろうと想像します)。今回の絵にも合うのをつくっていただけそうな予感がしました。「Θシータ」というYouTubeチャンネルもお持ちで、作品が色々あります。

それから、ちょうどタイミング良くインスタライブで曲が使用されていて、素敵!と思いました。

このライブ、ダブルYokoさんなのもなんだか好きです。こちらのYokoさんは、作曲家のYokoさんとは別人です。私が所属しているコミュニティをつくってくださったYokoさん、絵とコトバ・エネルギーアーティストの森下陽子さんです。私が尊敬する大好きなアーティストのひとりです。3月は、ドバイ!ドバイに出展される作品の制作で、途中までつくったのが納得いかなくて全部つくり直すとか、すごくかっこいいと思いました。他にも色々、感銘も刺激も受けています。見ず知らずの私をコミュニティに入れてくださったことや、コミュニティでの交流がきっかけで、今回素敵な曲をもうひとりのYokoさんにつくっていただけるようなご縁をいただけたこともとても感謝しています。他にも色々!

作曲家のYokoさん、「Θシータ」のYokoさんは、こちらです。
この写真も、いつか行った登山で出会った風景みたいでなんだか懐かしい感じがしました。

プロフィールを拝見すると・・・

あなたと共に作る作曲家🎶✨

音楽で皆と繋がり楽しみたい💖

絵や詩、写真に合わせた曲や

Live配信用のBGM等作ります。

あなたの想いをお聞きし

イメージを共有して作ります。

YouTubeに投稿していますオリジナル作品を

ご覧ください。

ご依頼はDMでよろしくお願い致します🎶
youtube.com/shorts/6ij0W0mMJNs?feature=share

いざ問い合わせるとなると、勇気が要りましたが、思い切ってDMを送ってみました。

コミュニティ内でもやりとりできますが、ここはひとつ外の世界でお願いしてみようと思い、DMを送りました。

快諾、あっという間に納品。

その後は、驚くほどサクサク進みました。アートの神様が全力で応援してくださってる感じがしました。

ラッキーなことに、お忙しい中、お時間をいただけました(他にも色々抱えていらっしゃり1ヶ月とか2ヶ月とかかかりそうだったら今回は別の方にお願いしようと思っていました)。

丁寧なヒアリング(最初も途中も)で、プロフィールの通りだと思いました。

私は電話やZOOMが苦手なので文字でやり取りできるのも有難かったです。やりとりのペースも、程よい感じで、本当になんだかするすると自然な流れで素敵な曲をどんどんつくっていただけた感じでした。

スライドショーが全然できていない状態で、大まかな希望を伝え、個々の作品の画像を送り、ありったけの文字情報を送るという曖昧模糊とした依頼でしたが、ピッタリの曲をつくっていただけました。

あっという間に1曲目をご提案いただけてビックリしました(とてもスマートな感じでお届けいただけました。私は、音楽のファイルは重いイメージがあり、確認するだけでもひと苦労だったらどうしようと思っていたのですが、サクッとできほっとしました)。

もう、そのまま、こちらでお願いしますとなりました。変更の必要性が感じられないのも、嬉しかったです。変更の依頼は、したらしたでもちろんご対応いただけたと思います(最初のほうのやりとりでも、納得いくまでご対応くださるとのことで、感動しました)が、特に何かを変更していただきたい感じはありませんでした。それに、依頼する側としたら、変更無しのほうが有難いです。特に私みたいな言語化に毎回苦労しているような人は・・・。私は音楽の世界に良き理解者を得た感じがして、とても嬉しかったです。

その後も、1曲、また1曲と・・・。

作品毎にとても丁寧に曲をつくってくださっている感じが伝わってきました。いつも仮録音の音源と一緒にあたたかいメッセージもいただけて、コラボしたいっておっしゃっていただけたのは社交辞令じゃなかったんだとあらためて思いました(社交辞令も社会生活を営む上では必要で大切なものかもしれませんが・・・私は真に受けて勝手に困惑しがちなのです)。※最終的に本番の録音をした音源もいただけます。

Yokoさんとの一連の流れを実際に体験し、また何か「自分だけの曲が欲しい!」となったら、気軽にお願いできると思いました。制作のスケジュールを程よくこまめにご連絡いただけるのも有難かったです。Yokoさんは、私の作品たちから音楽が聴こえるとおっしゃってくださり、そんなところにもご縁を感じました。きっとつくりたくない案件だったら、音楽は聞こえないだろうからです。勇気を出してDMを送って良かったです。

絵のために曲をつくっていただくのは、額装していただくのに似ているとも思いました。それから、Yokoさんにつくっていただいた曲を基に絵を描いてみたいという気持ちもうまれました。新たなアートの楽しみ方を見つけられたのも嬉しいです。

今回つくっていただいた曲を別の用途で使用してもOKとか、切って繋げてもOKとかも有難かったです。ただただ素材としてつくっていただけて、あとは自由に使ってOKというのが、とても太っ腹だと思いました。使用の度に、どこかしらにYokoさんのことを書いてみようと思いました。本当に、ありがとうございました!


Yokoさんが当時のことを書いてくださいました。ありがとうございます。

いよいよ、動画を・・・。

あとは、私がスライドショーをつくって、Yokoさんの素敵な曲と一体化させるだけです。

出展作品は5点あるのですが、個々の作品の紹介動画と、5点まとめてさらっと紹介する動画の合計6本を予定しています。その前に、記事も投稿したいです。

Yokoさんに曲をお願いすることにより、YouTubeに動画をアップロードせざるを得ない状況をつくることができ、ついに絵のチャンネルを始められるのも嬉しいです。せっかく素敵な曲をつくっていただいたのですから、私としても最終的な形にして投稿しないわけにはいかないのです。Yokoさんが真摯にご対応くださったように、私も自分自身と真摯に向き合うのです。これでYouTubeのやるやる詐欺に終止符を打てます。自分だけだったら、また、「ま、いっか、次にしよう」と思っていたかもしれません。コラボにはこういう力もあるのだと学びました。

今回限りになってしまうかもしれませんが(あるいは動画制作が大好きになってどんどん投稿するようになるかもしれませんが)、とにかくつくって2月中に投稿します。できれば、2/5より前に・・・。会期は2/5~27なのです。昨年から続く、出展詰め詰めスケジュールの最終回です。うんと長く、とにかく大変でしたが、色んな方にお力添えいただきなんとか乗り切れそうです。今回が終わったら、出展はゆっくりする予定です。大変貴重な経験をできました。あと少し!本当に、ありがとうございます。


ついにアイキャッチも描くことが出来嬉しいです。シンプルにAdobeFrescoのベクターのラウンドで描きました。絵から曲をつくっていただいた、ということで、絵から音楽が聴こえているところを描きました。聴こえるのと曲をつくれるのはまた別の問題かもしれませんが、両方があわさったとき、私は曲をつくっていただけるのだとあらためて思いました。まずは絵から音楽が聴こえることが大事だと思ったので、今回はその辺りを描きました。

このアイキャッチを描きつつ、絵から曲を感じ取ったり、それを譜面にしたり、演奏したり、スラスラできるYokoさんはとてもかっこいいとあらためて思いました。ご縁に感謝します。

その後、YouTubeに投稿をはじめました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

絵を描くのと石を眺めるのが好きです。緑も好きです。SWELLも好きです。名前の由来はFAXDMです。白黒のA4。あとは「塞翁が馬」みたいな意味も込めました。

目次
閉じる